コエンザイムQ10大百科

コエンザイムQ10でアンチエイジング

そもそもアンチエイジングとは

さまざまな場所で取りざたされている「アンチエイジング」という言葉。日本語で表すと「抗老化」もしくは「抗加齢化」といい、文字通り老化現象を緩やかにすることや、老化に対して抗うことを指す言葉です。

人間の体における老化現象の明確なメカニズムはいまだ判明していませんが、一部原因とされているものは発見されています。その中でも細胞機能の低下や、酸化ストレスによるものが、目に見える場所での老化につながっています。

この加齢に対して、出来うる限り抗おうとするための行動、もしくは若返りのための成分を含んだものを、アンチエイジングと呼ぶのです。

コエンザイムQ10で期待できるアンチエイジング効果

高い抗酸化作用

ヒトの体が老化していく原因の一つに「活性酸素」があります。元々は体内に侵入した細菌やウィルスなど、人にとって有害なものを攻撃、排除するための体の防衛機能としてとても大切なもの。

しかし、この活性酸素が紫外線や過度の運動、ストレス等によって必要以上に増えてしまうと、人にとって必要な細胞まで攻撃してしまうことになるのです。
過剰分が暴走してしまうと考えればわかりやすいですね。そして、この過程で体内から老化の促進が始まってしまいます。

そしてこの活性酸素による老化を「酸化」と呼びます。コエンザイムQ10の大きな効果の一つである「抗酸化作用」とは、活性酸素による酸化に抗うことからつけられている名前になります。

コエンザイムQ10は油に溶ける脂溶性であり、活性酸素によって一番に酸化させられる細胞も生体内の脂質分です。脂質分の酸化を抑えたり直そうとするのなら、同じ脂溶性のコエンザイムQ10 がとても有効になるのです。

また、コエンザイムQ10と同じように抗酸化作用を持つ栄養素に、ビタミンEがありますが、ビタミンEは自らを酸化させることによって体の錆取りをしてくれます。よって錆取り後はビタミンE自体が酸化物質となってしまいます。

しかし、ここでもコエンザイムQ10の働きによって、ビタミンEの抗酸化能力を復活させることができるのです。

コエンザイムQ10 、ビタミンE 、そしてこちらも抗酸化物質として名高いビタミンCなど、それぞれの成分がチームを組むことによって、効率的に抗酸化能力を発揮することができるのです。

エネルギー精製による代謝アップ

ヒトの体は体内で作られるエネルギーによって、すべての働きをコントロールしています。このエネルギーの生成で必須となるのが「ミトコンドリア」といいます。
コエンザイムQ10は、このミトコンドリア内の回路で行われているエネルギー生成の、最終的な命令を下す際の橋渡しとしても使われています。

コエンザイムQ10が体内で足りなくなってしまった場合、エネルギーをスムーズに作り出すことができなくなってしまうのです。

エネルギーの不足を招けば、体は重要な機関へそのエネルギーを集中させてしまい、最低限の生命維持活動を優先してしまうことになりますよね。結果的に体の老化に抵抗するだけの余裕をなくしてしまうということになるのです。

反してコエンザイムQ10が体内に必要量十分にあれば、エネルギーの生成を余裕をもって行うことができます。エネルギーが十分にあれば、酸化へ対する抵抗もすることができますし、体温を上げることによって、基礎代謝のアップも期待できることになるのです。

基礎代謝とは、そもそもただ生きている、それだけのために必要となるエネルギー代謝のことを指します。
意識しなくても息をして、心臓は動いてくれていますよね。こういった最低限生命活動に必要な働きのことを基礎代謝といいます。

基礎代謝が高まると、血流もアップします。そして血流がアップすることによって、体中の細かいところまで十分な栄養や酸素を送ることができるようになります。この結果細胞の健やかな再生を促すことに繋がり、活性酸素を除去してくれるコエンザイムQ10自体を体の隅々まで行きわたらせる事が出来るのです。

血流のアップと言われるとアンチエイジングというよりも、健康管理の方に注目が行きがちです。しかし、健康な体あってこそ、体内の細胞や栄養素もアンチエイジングのために働くことができるということになりますね。

ページのトップへ戻る